ホームへ
製品紹介
プレス ストレッチプレスアルファー ストレッチプレス ワイシャツボディプレス機ハイパープレスカラーカフス仕上機トンネルフィニッシャーユニフォームフィニッシャーストレートフィニッシャーミニトンフィニッシャーMT-2リターンフィニッシャーM2リターンフィニッシャーミニスーパーフィニッシャー トンネル式ドライヤー 濡れ掛け対応ユニフォームフィニッシャー IMTF-シリーズ ボックススーパーマジックボックスクイックフィニッシャーM3クイックフィニッシャーM3W-40クイックフィニッシャーミニボックス式水洗低温乾燥機帽子仕上げ機帽子仕上げ機生ゴミ処理機真空乾燥生ゴミ処理機殺菌(滅菌)・殺虫加工機 JA-M-1殺菌(滅菌)・殺虫加工機 JA-M-1
クリーナーハイブリットウェットクリーナー
会社概要お問い合せ
IMTF-series
ユニフォームフィニッシャー
ユニフォームフィニッシャー写真はIMTF-1200です
ユニフォームフィニッシャー右側投入・払い出し

IMTF-シリーズ(PDFカタログ:5.67MB)別ページで開きます

仕上げゾーン&乾燥ゾーンで高品質・高速仕上げ
濡れ掛け対応高品質トンネル仕上げ機IMTFの最大の特徴は、『仕上げゾーン』と『乾燥ゾーン』の2つのゾーンの働きにあります。
『仕上げゾーン』蒸気室では当社独自の蒸気再加熱方式で吹き付ける粒子の細かい蒸気を当てる事により品物への浸透が非常によく繊維を柔らかくし、『仕上げゾーン』乾燥室でのタタキ効果でシワを伸ばします。
仕上げ工程を終えた品物はトンネルの突き当りで『乾燥ゾーン』のスクリューコンベアに乗せ換えます。ここで品物の向きを変えて、横向きではなく出口に正対した状態で『乾燥ゾーン』を進みます、向きを変えた事によって品物の間のスペースが詰まり『乾燥ゾーン』に処理点数が格段に増える(滞留)のがポイント。
これにより、高品質大量処理が可能とな りました。



特長
仕上げゾーン、乾燥ゾーンの運転切り替えができる為、濡れ掛け乾燥仕上げ、ドライ物の仕上げの2段をこなします
濡れ掛けは、仕上げゾーンから乾燥ゾーンに入る為、高品質仕上げが期待できます
ドライ物は高性能のスチーム室や抜群のタタキ効果により高品質の仕上がりを実現しました

仕様
IMTF_20180723
型式 IMTF-800 IMTF-1000 IMTF-1200
最大処理能力※1 800点 / 時 1000点 / 時 1200点 / 時
電源 3組 200V
定額電力 11.39KW 15.09KW 18.79KW
乾燥用モータ
【仕上げゾーン】
750W×4 750W×6 750W×8
乾燥用モータ
【乾燥げゾーン】
2200W×3 2200W×4 2200W×5
排気モータ 750W×2
搬送モータ 仕上げゾーン:90W / 乾燥ゾーン:200W
蒸気圧力 0.5〜0.7Mpa
蒸気消費量 250〜300kgf/h 300〜350kgf/h 350〜400kgf/h
蒸気配管 仕上げゾーン:IN25A・OUT25A / 乾燥ゾーン:IN20A・OUT20A
排気ダクト Φ150(2箇所)
最大機械寸法 幅4895mm 幅5895mm 幅6895mm
奥行き2233mm
高さ2850mm
機械重量 3000kg 3800kg 4600kg
※1 処理能力は品物・使用条件・状況・残水率により異なる事があります。
※ 製品の改良等により、仕様他の一部を予告なしに変更させて頂くことがあります。

株式会社宮田工機